NOTEPARTS Asus エイスース 今だけスーパーセール限定 TransBook リチウムポリマーバッテリー C12N1320対応 用 T100TA メール便無料

【NOTEPARTS】Asus エイスース TransBook T100TA 用 リチウムポリマーバッテリー C12N1320対応

NOTEPARTS Asus エイスース TransBook リチウムポリマーバッテリー C12N1320対応 用 T100TA 【メール便無料】 NOTEPARTS Asus エイスース TransBook リチウムポリマーバッテリー C12N1320対応 用 T100TA 【メール便無料】 4676円,carlaeugenia.com,エイスース,リチウムポリマーバッテリー,T100TA,【NOTEPARTS】Asus,用,TransBook,パソコン・周辺機器 , PCアクセサリ・サプライ , ノートパソコンアクセサリ,C12N1320対応,/copaibic1120648.html 4676円,carlaeugenia.com,エイスース,リチウムポリマーバッテリー,T100TA,【NOTEPARTS】Asus,用,TransBook,パソコン・周辺機器 , PCアクセサリ・サプライ , ノートパソコンアクセサリ,C12N1320対応,/copaibic1120648.html 4676円 【NOTEPARTS】Asus エイスース TransBook T100TA 用 リチウムポリマーバッテリー C12N1320対応 パソコン・周辺機器 PCアクセサリ・サプライ ノートパソコンアクセサリ 4676円 【NOTEPARTS】Asus エイスース TransBook T100TA 用 リチウムポリマーバッテリー C12N1320対応 パソコン・周辺機器 PCアクセサリ・サプライ ノートパソコンアクセサリ

4676円

【NOTEPARTS】Asus エイスース TransBook T100TA 用 リチウムポリマーバッテリー C12N1320対応


商品の説明

NOTEPARTSバッテリーの5つの安心

NOTEPARTS®を運営する株式会社アデッセは、経済産業省リチウムイオン蓄電池PSE法(電気用品安全法)の正式な届出業者です。当社は同法の下に NOTEPARTS®バッテリーの各種テスト(耐圧・落下など)記録・仕様書・出荷時検査記録を徹底管理するとともに、バッテリー本体にPSEマークおよび 「(株)アデッセ」のマークを添付し、過充電・過放電防止用保護装置も全商品に内蔵しており、品質面で信頼をいただいております。

NOTEPARTSおよびそのロゴは(株)アデッセの「登録商標(登録番号5408412)」です

ご購入前に必ず次の2点をご確認ください
1.対応機種一覧にお使いの機種のモデル名があること
2.対応純正品番にお使いの機種に付属しているバッテリー型番があること

対応機種一覧
Asus
R104TAF-W10
TransBook T100TA

対応純正品番
0B200-00720300, C12N1320

世界大手メーカー高品質セル使用!

NOTEPARTS®バッテリーはPansonic、Samsung、LG、Simplo、YLEなど大手メーカーの厳選された高品質セルを内蔵しています。内蔵セルの品質維持はサイクルカウント比の性能維持率などバッテリー性能の決め手になるだけでなく、規制品目であるリチウムイオン電池を安全にお使いいただくための必須条件でもあります。

ノーブランドの格安セルを用いた廉価な製品は製造時の安全基準の甘さおよび内部保護回路の信頼性の低さゆえに、異常発熱による火災などの事故を招く可能性があります。

官公庁・法人・教育機関への納入実績多数!

法人・官公庁・教育機関のお客様にもご好評をいただきまして十有余年、これまでに通算20万本以上のNOTEPARTS®バッテリーをお買い求めいただいています。主要取引先としては、大手新聞社、上場SIer会社、総合電機メーカー、上場PCサポート会社、大手医療法人グループがあります。

また廃盤、品切れになった純正品の代替として、各ノートPCメーカーまたはそのサポート子会社にも製品供給を行っています。

1年間の品質保証サポート・対人/対物1億円のPL保険適用・法令準拠の厳しい品質管理

NOTEPARTS®バッテリーには販売日より1年間の動作保証などを記したNOTEPARTS®保証書(またはマニュアル兼保証書)が同梱されています。

販売後は(株)アデッセの日本人スタッフがサポートの窓口(平日9:00~18:00)を承っております。

NOTEPARTS®販売商品が原因で起きた破損・事故に関しては(株)アデッセが加入する対人・対物各1億円を限度とする製造物責任保険(PL保険)が適用されます。

海外発送商品または実質的にPSE法を順守していない国内商品など、保険加入の有無を問わず事故時にはPL保険の対象外になる商品が多く存在していますが、NOTEPARTS®バッテリーなら対策も万全です。

経済産業省リチウムイオン蓄電池PSE法(電気用品安全法)の下にNOTEPARTS®バッテリーの各種テスト(耐圧・落下など)記録・仕様書・出荷時検査記録を徹底管理するとともに、バッテリー本体にPSEマークおよび「(株)アデッセ」のマークを添付しています。

NOTEPARTS®バッテリーはRoHS準拠部品のみで構成されており、また、過充電・過放電防止用保護装置もバッテリーに内蔵していますので安心してお使いいただけます。

【NOTEPARTS】Asus エイスース TransBook T100TA 用 リチウムポリマーバッテリー C12N1320対応

バッテリーが新しくなり、電源が勝手に落ちることが無くなりました。バッテリー自体は素晴らしいのですが、交換する時に2つほど注意が必要です。まず、micro SDを指している人はそれを抜き取っておいた方がいいです。本体を分解するときに、知らないうちに飛び出していたmicro SDを私は破壊してしまいました。幸いデータはバックアップしてあったのでしたが、そうでなかったらと思うとぞっとします。もう1つは、古いバッテリーの取り出しです。かなりしっかり固定されており、一度剥がすと元々ついていた両面テープは使えなくなります。バッテリー固定用に新しい両面テープを準備しておくといいと思います。 続きを読む
この互換性のバッテリーを購入する時に,気をつける点を紹介します。時間の経過により、OSのアップデートの積み重ねがあると思います。バッテリーのパフォーマンスは,新品の時よりざっくり20%ほどダウンします。表示される数字や体感的に使用しての印象です。ですが、交換すれば、現状のバッテリーの疲弊はかなり改善されます。交換後、ひと月ぐらいの慣らし運用も必要です。その後は、安定して普通に使えます。問題の実際の交換作業ですが、まず,タブレット側を半分にこじ開けます。その時に、スイッチ部分などの弱い部分が破損します。お構いなしに、最後までこじて開けます。開けてから、極細のノズルの付いた多用途の瞬間接着剤で元の状態に接着します。後は、ネットで紹介されている記事の通りに見よう見まねで最後までいけます。あくまでも自己責任ですが、交換を考えている人の参考になればと実体験をレビューしました。 続きを読む
5年以上前のASUS T100TADK の充電ができなくなったので ダメ元でバッテリーを交換してみました。新品同様とまではいきませんが 満充電で4~5時間ぐらいは動きます。生き返りました。大満足です。 続きを読む
TransBookを何時間充電してもオレンジ点灯のままで起動できず、バッテリーの寿命ということで交換を決意しました。ネット上で調べると、自己責任ですが自分でできるとのこと、純正品だけでなくNOTEPARTSさんの製品でも実施されていたので、即購入しました。以前、車のパネル外し用とし購入していたエーモン パネルはがし1498の先が尖っている方を使い、 ベースとの接続部の辺りから差し込み、慎重にカバーを外せました。ます、バッテリーの端子を外しましたが、爪楊枝など柔らかい物で慎重に。次にバッテリーの下面にプラスティック製のヘラを慎重に差込み、テープで粘着しているバッテリーを外します。新しいバッテリーの端子をソケットに差し込み、本体側に粘着力が残っているので、元の位置に新しいバッテリーを貼り付けます。後はSW部から先にカバーを取り付けて元通りに。電源ONで見事に起動しました。1年の保証付きで生産管理されているようなのでGOODです。「交換時の最初の操作」が記されていましたが、T100TAでは不要でした。 続きを読む

変化の激しい現代社会において、未来を見据えた新しい事業を構想する力が求められています。
事業構想修士は、新規事業を構想するための研究であり、日本ではじめて実践教育の場を提供したのが「事業構想大学院大学」です。

既存の事業やアイデアを分析、効率化して利益を最大化することを目的とし、経営をマネジメントしていくMBA(経営管理修士)に対し、MPD(事業構想修士)は、事業の根本から発想し、理想となる事業構想を考え、実現可能なまでアイデアを出し、事業計画を構築します。

詳しく見る

入学希望の方へ

募集スケジュール

出願期間
8/1(月)~
詳しく見る

新事業開発担当者/企業役員・幹部/事業承継者向けの
プロジェクト研究(研究会)
※教育訓練給付金(専門実践教育訓練)対象

事業構想研究所

企業・自治体の方へ

SDGs・CSR担当の方へ

自社の経営資源を見直しながら、
SDGsの達成に貢献する新事業を開発

SDGs総研
ニュース一覧へ
  • 事業構想とは

    新事業で未来を創る「事業構想」が、今必要とされています。

    詳しく見る
  • 教員

    各分野を代表する教授陣が、院生の事業構想を支援していきます。

    詳しく見る
  • ゲスト講師

    年間150名以上のゲスト講師を招聘し、講義やディスカッションを行います。

    詳しく見る
  • 修了生の実績

    幅広いフィールドで事業構想を実践している修了生を紹介します。

    詳しく見る
  • 月刊 事業構想
  • SDGsの基礎
  • 季刊 人間会議
  • 季刊 環境会議
その他出版物はこちら